×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

院の夜

 


この病棟には怪盜がをりまして
いつも
實にさまざまなものを盜んでゆきます


先日も 
五號室の少女の
飴玉がなくなり
その前は 
三號室の婦人が
鏡を見て悲鳴をあげてをりました


二號室のわたくしといへば
今日も睡眠を盜まれまして
かうして
月を見てゐるのです


つい最近
一號室の老人も
盜まれて
しまひました


その夜わたくしは
もちろん起きてをりまして
たしかに
かすかな
怪盜の聲を聞いたのです


それは眞つKな
風のやうな
胸騷ぎのやうな

のやうな
しづかな咆哮でありました


それはだんだん大きく
鳴り響き
すこしづつ
月さへ
奪はれて


たうたう夜は
怪盜の影に包まれて
みんな
みんな
盜まれてしまひました